top of page

ヤマト、値上げの誤算

(日本経済新聞 2019.12.14 )

「経営陣があぐらをかいた結果。(宅配便の生みの親の)小倉昌男は今頃泣いているでしょうね」。

故・小倉昌男が社員に説いた「サービスが先、利益は後」という経営哲学を思い浮かべ、西日本で働くヤマト運輸の50台の男性ドライバーはこう嘆く。

消費者に荷物を届けるドライバーの間で、荷主の「ヤマト離れ」が実感として広がっている。先行きを悲観して、地元のよく知る同僚はこの1年で3人が辞め同業他社に移った。


大和はドライバーの人手不足を理由に2017年10月に27年ぶりに基本運賃を引き上げ、荷物井の取扱数を制限する総量規制を始めた。それから1年半の今春、取扱数について再拡大にカジを切ったが、肝心の荷物が戻って来ない。値上げを原資に配送体制を整備すれば、荷主は戻ってきてくれるーー。描いていた構想はあてが外れている。

物流コンサルタントのイー・ロジット社長の角井は「荷主に今も強硬な値上げの残像がある。一度離れたヤマトに戻ることは無い」とみる。取扱数低迷が響き、親会社のヤマトホールディングスの19年4~9月期連結決算は最終赤字に転落した。


この間。ライバル着々と力を蓄える。業界2位の佐川急便は18年に個人客向けの配送の9割を業務委託し、正社員のドライバーは法人客向けに集中させる取り組みを拡充した。ドライバーは顧客企業の集荷や配達の際に困りごとを聴きとる。その後、要望に合わせた配送を提案し契約が成立すればドライバーの評価に繋げる仕組みだ。

佐川も17年11月に値上げをしたが、細かな要望に対応する取り組みの結果、18年度の宅配シェアは17年度比0.7%減の29.3%とヤマトとの差を0.6ポイント縮めた。採算性向上で親会社のSGHDの株式時価総額も19年5月にヤマトHDを上回った。


ヤマトも逆境に手をこまねいているわけではない。9月にはスマートフォンで送り状の作成から支払いまで完結できるサービスを始めたほか、コンビニなどに荷物を持ちこむと料金を割引く取り組みも始めた。

ヤマトを支持する消費者はなお多い。ネット通販をよく使う30代の都内の女性会社員は「再配達手続きもLINEでできる。できるだけヤマトを選びたい」と話す。

11月に操業100周年を迎えたヤマト。原点回帰でサービスを磨き続けるしかない。

閲覧数:138回

最新記事

すべて表示

宅配、朝6時にお届け

(日本経済新聞2020.02.06) 再配達削減への奥の手 在宅率の高い早朝(6~9時)荷物を配達する動きが広がっている。 アマゾンジャパンが早朝宅配の試みを地方都市にも広げ始めたほか、佐川急便も本格サービスの開始へ検討を始めた。 インターネット通販の拡大で宅配便の需要は増える一方、配送現場の人手不足は深刻だ。通勤・通学前に確実に届ける事で、再配達を減らしたい思惑がある。 「おはようございます。ア

ヤマトHD、事業会社に

(日本経済新聞 2020.01.24抜粋) 成長投資4年で2000億円 ~抜粋~ EC事業者向け専用の配送網では4月から個人などに配送する「ラストワンマイル」と呼ばれる最終輸送を外部の中堅・中小の事業者に委託す取り組みを本格的に開始する。 「置き配」も4月から順次対応する。 ~抜粋~

「ギグワーク」が輸送網救う

(日本経済新聞 2019.14.14より抜粋) ~抜粋~ ドライバーの負荷の緩和へヤマトは取り扱う荷物数を制限し当日配送から撤退した。それでも便利な通販の市場は伸び輸送量は減らない。 18年度の宅配便荷物個数は43億701万個と、前の年度を1.3%上回った。過去最高の水準が続く。 人手不足も解消しない。日本郵便は都内で平均を上回る時給1200~1300円で配達員の募集を掛ける。年末は荷物が増えるが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page